塩ポン酢ランキングのサイト

ポン酢の語源

ポン酢の「ポン」に意味があるわけではなく、「ポンカン」の「ポン」とも異なります。
オランダ語で柑橘類の果汁を意味するpons(ポンス)からきています。
ポンス」の「」に「」の字が当てられ、「ポン酢」となりました。

ちなみに、オランダ語の「pons(ポンス)」は、ヒンディー語で5つを意味する「panc」に由来しているようです。
そこから近世では、ブランデーやラム酒にレモン汁や砂糖などを加えて作った飲み物を意味するようになりました。
この飲み物がレモン汁に関係することから、柑橘類の果汁の意味も持つようになっていったのです。

※語源に関しては諸説あり(オランダ語説「pons:柑橘類の果汁」、ポルトガル語説「pom:柑橘類やその果汁」)、どちらが正しいかはよくわかりませんが、『ぽん酢の歴史』とからめ、ここでは「オランダ語説」を載せています。